☆遠隔加持【長期のひきこもり】若者の母Tさんよりのメッセージ

現在、私より遠隔加持(ヒーリング併用)をお受けになられている関西在住の若者H君の母親Tさんよりメッセージを頂戴しましたのでご紹介させて頂きたいと思います。

十数年に及ぶ引きこもり歴を持つH君、深夜に大きな声で叫ぶ奇声、他の人格が憑依しているとしか思えない表情を見せての母親Tさんへの些細な事に端を発する逆ギレや拒絶が顕著に見られた事などこれまでも加持実例の中でご紹介してきましたが、一概に言える事では無いのですが、とかくひきこもりの子供(未成年ばかりでなく、中年迄)を持つ親にとってひきこもりや不登校の息子や娘が葛藤の種となっている場合も多く、肝心の親が輝きを失ってしまっている様にお見受け出来る場合も多いものです。

親とて人間…

ひきこもりの我が子を見て「家に閉じ籠ってばかりいないで表に出て色んな世界を見て欲しいし色んな人生経験も積んで行って欲しい、また良い人と巡りあって結婚だってして欲しい」と思うのは親として当然至極な感情とも言えます。

でも、そんな親の想いなど知らぬかの様に子供に逆ギレされたり拒絶の態度を取られると…

「もう耐えられない!どこかの施設でこの子を明日にでも引き取ってくれないだろうか?」

「そんな減らず口たたくなら、バイトでも何でもして少しは家にお金をいれなさいよ!この穀潰し!」

などと声には出さずとも赤裸々な想いにとらわれてしまうのも人間と言うものであり、ひきこもりにある子供の現状を受け入れなくてはと言う真摯な思いと裏腹に世間体やご近所の手前を気にする思い、何とか子供にコントロールを及ぼしてでも自立させたいと願う気持ちなどがせめぎあい、答えの出ない日々に疲れ果て、職場にいても何をしていても、日替わりメニューの様に感情の波を見せる子供の態度や言動が脳裏から離れず、1日を曇ったものにしがちな事…これまでひきこもりや不登校の子供を持つ何人もの親御さんから聞いてきた共通の感想でもあります。

でも、これでは親にとって子供のひきこもりは益々強固に実体化して行くものであり、子供の親に対しての暴力(脅迫めいた言動も含め)や家の物を壊しまくるなど緊急避難に値する様相を見せていない場合など

『子供に好きなだけひきこもらせると肚を決め、とっとと自分を生きる』

と、路線転換した方が親子間の風通しも良くなり、かえってひきこもりの子供にも良い影響を及ぼす場合もある様です。

(子供の可能性に心を開いておく事は勿論大切です)

親が仕事であれ趣味や学びのクラスであれ、打ち込める何かを大切にする時間を持つ事で、ひきこもりの子供にもすぐにとは行かずとも良い影響となって伝播されるものを感じるもので、たとえ子供のひきこもりの状況は変わらずとも、親の子供に対する見方に穏やかさが生まれ、これはひきこもりの子供に対する中長期の視点の上からもとても大切な事の様に思えるものです。

下記のメッセージをくださったTさんはひきこもりの息子であるH君の他人格に憑依されたかの様な逆ギレや言葉の暴力に苛まれ、H君と別居しているにも関わらず『息子が私を襲いにくる』と脅迫観念に襲われ、パニック状態に陥り、夜間などお電話を頂く様な事も度々あったものですが、私とのカウンセリングでもその都度気付きを深めて、H君への考え方をシフトさせて行った様にお見受け出来たものです。

※私が遠隔加持を開始させて頂いてより、幸いにして、息子H君の母親Tさんへの執拗な攻撃、言葉の暴力は無くなりました。

こうした観点からも私はひきこもりのケースなどに於いて子供ばかりでなく親御さんへのお加持やヒーリングをさせて頂くもので、ひきこもりと言うと、とかく子供の自立にばかり目が行くものですが、親の子離れや自立(たとえ同居していてもその中で)も問われている事に等同なものを感じるばかりです。

お母様であるTさんですが、下記メッセージにもある様に意を決してドイツ旅行へ行かれる様で『とっとと自分を生きる』事へ踏み出したものがこの文章から感じた愚僧であります。

以下、Hさんのメッセージより転載いたします。(了承を得て掲載)

*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゚・*

正仙先生 

おはようございます。

日々、私ども親子のために手厚い御加持をありがとうございます。

また丁度一か月目が来ようとしております。息子たちと顔を合わすことは相変わらずありませんが、たまに伝言事項のための電話で簡単な会話は交わします。お陰様で穏やかな声をしております。

世間を騒がしている色々な事件に一時的ではありますが心乱されたり、息子たちの動向や心の持ちようが気にはなります。でも、もう私はこの世にいないというシュミレーションをしているのだと自分に言い聞かせております。

私自身もお陰様で、ライフワークに取り組む日々です。庭の草抜きや家の風通し、掃除等、気にかかることは多いのですが、前向きに目をつむっています。

今しばらく御加持をお願いできましたらありがたく存じます。

実は創作活動に関連して、急なことですが今日から〇〇日まで不在になります。ドイツに渡ります。このように長期に家を空けることはないので、留守の間の息子たちが心配ですが、心を鬼にして決行することにしました。それでは、帰国して落ち着きましたら、また連絡いたします。

不順な天候が続きます。多くの方々が必要となさっている尊いお体、どうかくれぐれもご自愛の上、お過ごしくださいませ。

*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゚・*               

合掌

読者登録してね

☆ヒーリングルーム吉祥の営業日時


☆ヒーリング吉祥のセッションメニュー

☆セッションのご感想・お客様の声

☆遠隔加持(加持祈祷)のご感想

☆地に足をつけ今を生きる!吉祥グラウンディング講座 

☆確信の持てるヒーリングセッション!大元ヒーリング講座