☆スピリチュアルカウンセリング・Yさんよりのメッセージ・他追記

肉親や兄弟など身内が重篤な病に罹った時など様々な形で親族間でトラブルが発生する時があります。

死後の相続や財産贈与の問題、果ては親の付き添いから病院へ日参するローテーションに至るまで、兄弟や姉妹、またはその配偶者の赤裸々な悪意を垣間見て、中には強いショックを受けて自らが寝込んでしまったとお話しくださる方もいたものです。

こうした問題では意外や主導権を発揮するのは女性であったりするもので…

『あの嫁が来てから(兄の元へ)おかしくなったんすよ(仲が)』

『あれが(弟)結婚してからウチの嫁と向こうの嫁がケンカになりましてね、自然と疎遠になりました。本当に子供の頃は仲の良い兄弟だったんですけどね💦』

などとセッション時にお話しくださる方も今までにいたものでしたが、そこに小姑も加って『他人以上に他人の争い』になるケースが多い事など、僧侶ヒーラーとして活動する以前、極道の世界に生きた当時なども民事暴力の現場に於いて散々見てきた事でもありました。

亡き姑や舅にいじめられたと話す女性(夫の知らないセクハラも)義母や姉の意見ばかり尊重するマザコン夫に対する鬱積を当時極道だった私の目の前で爆発させるかの様に涙ながらに話す女性の姿、それをただ呆然と言葉も無く見つめる夫である男性の姿などもあったもので、人間と言うのは失ったアイデンティティーや、ないがしろや虐げられた体験など、人生の何処かのポイントで失地回復の様に取り戻そうとする傾向がある事など、そうした赤裸々な人の姿に感じるばかりで、そこに遺産の配分を巡っての思惑も重なり、もつれにもつれてしまっていればこそ当時は裏社会の住人だった私に話しが持ち込まれたと言うものですが(笑)

当時は綺麗事抜きの極道の世界に生きた私でしたが、こうした場面に於いても最後は『金銭の上げ下げ』で決着のつくものであり

『地獄の沙汰も金次第』とは極道渡世だけのものではないものを感じるばかりで、自分自身は散々、親不孝をしてきた身でありながら「さぞや、こんな争いが子供の間で起きるとは知らずに死んだ親御さんも草葉の陰で泣いているだろうに」と、少しばかり寂しい気持ちにもなったものです。

でも、そんな私も現在は僧侶ヒーラーとして活動する身、こうした問題にも極道当時の『裁きの観点』から入るのではなく、充分に傾聴した上で中立な視点、視座を心がけ、混乱にあっても安心、安堵の自分軸に帰って来て頂ける様その対応を心がけるのが常となりました。

以下、現在ターミナル期にあるお母様への遠隔加持をご依頼されているYさんよりのメッセージを転載いたします。
(了承を得て掲載)

゜゚・*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゚・*

おはようございます。

昨日はお忙しい中お電話で当方の心中を聞いて下さり、ありがとうございました。

今朝は、母の仏性を少し疑っていた自分に気付き、おっしゃって頂いた様に、母が仏になって、兄嫁と甥を人の道に導いてくれると思い始める事ができ、自分の中の恐れが払拭できたと思います。

【中略】

また、実家の片付けをしていると母のメモ書きがたくさん出て来るのですが、そこにも兄嫁の仕打ちが書かれている箇所があり、耐え忍んで来た母の様子が伺え、胸が詰まる思いです。

私も恐れからではなく、慈愛から物事を考え、行動できるように精進したいと思っております。

今日も穏やかな日をお過ごし下さい。

゜゚・*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゚・*                 

合掌  

読者登録してね

【残席3名様】『正仙&ルチルの超パワフルダブルセッション!』11月開催のお知らせ!

☆ヒーリングルーム吉祥の営業日時


☆ヒーリング吉祥のセッションメニュー

☆セッションのご感想・お客様の声

☆遠隔加持(加持祈祷)のご感想

☆地に足をつけ今を生きる!吉祥グラウンディング講座

 ☆確信の持てるヒーリングセッション!大元ヒーリング講座