☆38年ぶりの再会!柔道、ヤンチャ、失意からCEOへの道・安倍勇作さんの来訪

※ヒーリング時の写真など了承を得て掲載しています。

一昨日は本当に懐かしい方が吉祥を訪れてくださいました。

私が中学生の頃、一学年下の後輩として共に柔道部で汗を流した安倍勇作さんが、自身のクライアント様ご夫婦、そして息子さんを伴い、私よりヒーリングセッションを受けに当サロンを訪れてくれたものです。

安倍さんとは、フェイスブックですでに繋がっていたものですが、リアルに会ったのは中学卒業以来、38年と言う月日に思わずクラクラ目眩がしそうでしたが(笑)顔を見た途端、そんな事はどこかへ消し飛ぶかの様な懐かしさと、何ら違和感なく中学時代の先輩、後輩のスタンスに戻っている事など不思議なものがあります。

間今回お会いする前に私が僧侶である事を慮ってか…

メッセンジャーより私を「何てお呼びしたら良いですか?」と打診してきた安倍さんでした。中学の頃は体育会系の上下そのままに「おい安倍」「先輩」が日常でしたが、今は酸いも甘いも経験してきたお互い大人…それでも昔の名残そのままに会えば「勇作ちゃん、先輩」の応答に自然なものがあります。

当時は松田聖子が登場し、不良のたまり場では横浜銀蝿やクールスやキャロル、矢沢永吉の歌が流れていたツッパリ全盛の時代、「中坊(中学生)から不良でなければ不良にあらず」の様な気風のある頃でしたが、不思議と私の行った中学は柔道部ばかりやんちゃな人間が集まったものです。

私も中学生の頃には身体はちびっこでも(笑)腕力に物を言わせて番長などとすでに暴力を信奉し、その後の右翼から極道の世界への路線と言うものがこの時にすでに定まっていたのかも知れません。

子供の頃を東京の下町で過ごした転校組と言う事にも似通う境遇があり、当時より後輩の中ではシンパシーを感じていた人間でもありました。

私が中学を卒業後、彼は主将として柔道部を率いて、私達の代を超える各大会での優勝などの戦績を上げた事なども耳にしていたものですが、それと同時に番長として近隣の中学と乱闘騒ぎを起こすなどヤンチャぶりも冴え渡った様です(笑)

私も中学卒業後、連日ドサ回りの歌手やjazzの演奏などの入る深夜まで営業するナイトサパー(こうした表記も今では死後ではないかと 笑)にチョットの間就職したものの、客と喧嘩するなどしてやめてしまい、その後は右翼団体から極道へと十代の後半は鑑別所から特少(特別少年院)に至るまで社会不在の時期が続いたものです。

そんな中で安倍さんの情報と言うのはGSでバイトしていると言うところぐらいまでで途絶えてしまい、全く交わるところがありませんでした。でも、そんな彼にも大きな試練の嵐と言うものが吹いていた様で、やんちゃな勢いそのままに中学卒業後も暴走族、喧嘩と無軌道に日々を過ごしていた様でしたが、十代後半より突如歩けなくなる難病にかかり、これは成人まで続いたとの事で、

大きな足跡を残す人間は不思議とこうしたお試しとも思える人生の蹉跌に直面するもの

ですが、この時期に非暴力の誓いを立て、やくざな道にも進まずまっとうに生きる決意をした事が大きく彼の人生を飛躍発展させる礎となった様です。

サラリーマンとして地域で評判になる程の売り上げ、実績を上げた後、自分で工務店を立ち上げ、アルルグループと言う茨城県南地区を網羅する事業グループに発展させるまで文字通り粉骨砕身の言葉に相応しい努力があった事など、一昨日共にきた息子さんが「ほんの数年前まで、父と家でゆっくり過ごしたと言う記憶がありません」と私に述懐していた程であり…後年、私が極道の世界で組名乗り(組長)を許された二十代後半から三十代半ばにかけて彼がやり手の事業家である評判などは時折耳にしていたものですが、たとえ郷里の先輩後輩ではあっても、極道との交流など望まぬ油断無き会社の健全化は噂を聞いているだけでも私には分かるものがありました。

彼がアルルグループの代表として掲げた社訓に、お客様のクレームを最優先とし、会社が全面的に責任を引き受け、個人の責任は問わず、むしろ不報告やひっ隠す隠蔽にこそ厳正に臨む旨が記されているものですが、こうした彼の企業理念と言うものが発展の源としてあったに違いありません。

現在はグループのCEO会長として一線を退いてはいる様ですが、無印酵素による自然農、健康農法、酵素水による健康への探求など東奔西走の日々、またその傍らでは建築に携わる事から長年に渡り風水、占術を学びクライアントの相談に乗るなど、つくば市に観音様をご本尊とする立派なお堂まで所有する現在、その制限無きアクティブなスタイルは、ただでは起きない負けず嫌いだった中学当時の彼の性分にその片鱗があった様に思えてしかたないものです。

私にしても極道の世界で生きていればとうに死んでいたかも知れないし、長い懲役に行っていたかも知れず…僧侶となりヒーラーとして活動する現在だからこそ再び出会う事の出来る機縁に導かれたのやも知れず、

これもまた人生の妙と言うものかも知れません。

※茨城名物の納豆や梅のお菓子を頂きました。

椅子に座って頂いてのヒーリングセッションの最後は安倍さんでしたが、ヒーリングの開始時、彼の肩に手を置いた刹那、遠い昔、青畳と汗臭い柔道着の匂いが入り混じりいつも酸っぱい匂いがしていた粗末だったけど活気のあったプレハブの柔道場を思い出した愚僧であります。

勇作ちゃん、一昨日はありがとう!

次回は一献傾けながら積もる話に花を咲かせましょう!笑               

合掌

読者登録してね

【日程迫る!残席2名】『正仙&ルチルの超パワフルダブルセッション!』8月開催のお知らせです。

☆ヒーリングルーム吉祥の営業日時


☆ヒーリング吉祥のセッションメニュー

☆セッションのご感想・お客様の声

☆遠隔加持(加持祈祷)のご感想

☆地に足をつけ今を生きる!吉祥グラウンディング講座

 ☆確信の持てるヒーリングセッション!大元ヒーリング講座